PLANT BASED 植物性代替肉

地球環境保護(温室効果ガスの削減、水使用の削減・水質改善、森林伐採の削減)、健康意識の高まり、人口増加、そして動物愛護の観点から、世界中で注目を集める代替肉。代替肉(plant based meat)とは、肉の味や食感を再現した植物性の肉で、大豆・小麦・エンドウマメ・ソラマメなどを主原料としており、大豆ミート・ソイミート・フェイクミートなどとも呼ばれます。

SDGsやエシカルライフスタイルの観点から、人々の環境問題や社会問題に対する意識は世界的に高まりつつあり、世界規模でベジタリアン・ヴィーガン・フレキシタリアンが増加しています。特に、野菜中心の食生活に時々肉や魚を食べるフレキシタリアンは欧米で爆発的に増えており、日本でも今後増えていくことが予測されています。

当社では、植物性代替肉の開発と商品化、一般化へ向けた市場や流通への提案を進めております。

 

世界の代替肉市場

2020年の世界の代替肉市場規模は約2,500億円。年間22%の平均成長率で推移し、2030年には約1兆9,000億円の市場規模になると試算されています(矢野経済研究所調べ)。

  • 2020年:2,572億6,300万円
  • 2025年:6,732億1,900万円
  • 2030年:1 兆8,723億2,000万円

https://www.yano.co.jp/press-release/show/press_id/2430

TOP